春の植物1

数年前から、育てて観察している植物がありまして、

最初は瀕死の状態で出会って、数ヶ月の水根栽培をへて、

なんとか土に植えたのですが、

 

そこから、ぐんぐん育って、垂れるほどになり、

プラントハンガーも編んで作ったりして、

ゆらゆらぶら下げていました。

のびのび育って、結局1m位まで成長しました。

 

 

秋のタイミングで切り戻しをする予定が、ずるずると機をのがし、

冬の間は、室内のみでじっと過ごしていましたが、

枯れた部分も目立つようになってきていました。

 

ようやく先日春の温かな陽気も感じるようになり、

思い切って、バッサリと切ってやりました。

 

このまま捨ててしまおうか、、、と思っていたのですが、

やはり元気な部分が可愛そうかなと、

手間を考えると気を失いそうでしたが、

地道にハサミでぷちぷち摘み、

新聞の上に広げると、大量に採れました。

 

 

また、それを水根で育て、少し大きく育ったところで

土に植え替えようかと思っています。

 

 

切り戻しした鉢も、なんとかまた成長をはじめています。

 

 

この度摘んで水根栽培している葉は、新しく土に植えるとすると

すごい数、たぶん10鉢以上にはなりそうです(苦笑)

 

なんとなくいつもぼんやり考えるのは、植物は喋ったりしませんが、

たまたま人間の勝手で、この場所に連れて来たのだから、

なんとかできる限りのことはやって、ポテンシャルを使い切って

自由にのびのび育ってほしいなと思っています。

 

それなので、植物は大好きですが、新しく購入するのは苦手で、

素敵な植物を見つけても、

これ以上、手がまわらないので増やせないな。

とか思ってしまいます。

 

自分で買わないので種類は増えず、

ただただ、同じものが株分けされ増えていく、、という感じですから、

プレゼントなどでいただいたりすると、新たな出会いが新鮮で、

華やかになるのが、やはりうれしくて、

「家族がふえたよー」と今の植物たちと仲良くなるといいなとか、

そんな感情はないかもしれませんが、妄想してしまいます。

 

まぁとにかく、そんな感じで、

植物が自分の人生を豊かにしてくれているのは間違いなく、

これからも、植物と共に生活していきたいなと思っています。

 

次回は、またたぶんサボテンの話です。。。


つぼみ発見!

向かって右側、数年前から、水栽培しているサボテンですが、

ここに書くのは初めてのようで、皆様はじめまして。

 

去年の四月に初めて二つ花が咲いて、とってもうれしかったんです。

※下に去年の様子をアップしています。

それからの一年はたくさん子ふいて成長を続けて、

株分けなどもしました。この写真で左側奥の方に写っていますが、

株分けした子たちも水栽培で、元気で育っています。

 

そして、お母さんサボテンを久しぶりにじっくり観察してみると、

なんと!5つもつぼみがついている〜!!

 

なんてかわいい子なんだ!

もうかわいくてかわいくて、本当に愛おしい!

 

寒い冬の間、窓辺に置いていることが心配でしたが、

花芽をつけるには、低温を経験させないといけないそうで、

じっと見守り、過ごしました。

花芽がつくということは、無事に春を迎えることができんだなぁ。。という安堵もあり、

より一層うれしいです。

 

今年もまた、蕾が膨らむのや花咲くを待つ、楽しい日々を与えてくれました。

 

それから隣のローズマリーは、昨年12月に招待された結婚式で、

帰りに戴いたブーケの中にあったもの。

生けていたら、何やら新芽がどんどん出てくるもので、

この子もそのまま水栽培できるかなと、育てています。

 

あぁ、今日は幸せな日です。

 

※去年の開花の様子です。比べると随分大きくなっててびっくり!


光っている存在

 

先日、瀬戸内国際芸術祭へ行ったりして、

書きたいことはあっても、長くなるので、それはまた今度で。

 

やはり制作など他お仕事が混んでくると、

そういう時ほど、記録すべき感情とか感覚とかあるのに、

後回しにしてしまいますね。

 

近所を歩いていて、見つけた花。

草ボーボーの中にこんなかわいく咲いていて、

そういうのがいいなぁと思います。

人も植物も、どんな所でも光っている存在はあるなと。

 

制作は進んでいます。

少しずつ。


白神山地 トレッキング

全国的に猛暑日が続いているというニュースを横目に、
秋田県大館市はとても涼しく、半袖の出番がなかなか来ない日々です。

梅雨なので、ここのところ毎日シトシトと雨降りで、
とりわけ昨日は時折、ゲリラ豪雨のような大雨でした。
そんな悪天候の中、世界遺産 白神山地のトレッキングに出かけてまいりました。




悪天候を押してもタイミングを外したくなかったのは、
田苗代(たなしろ)湿原に咲く“ニッコウキスゲ”を見るためでした。
しっとりと雨にぬれたオレンジ色の群生が、霧の中に広がり幻想的でした。


同じ湿原にひっそりと咲く可憐な“ウラシロヨウラク


岳岱自然観察教育林。
樹齢400以上のブナ。岩の上にそびえる、荘厳な佇まいには
魂を揺さぶられるものがありました。


“ユウレイダケ”だそうです。
ぴったりのネーミング。。光合成をしない植物だそうです。


木に白く見えるのがモリアオガエルの卵だそうです。
もうすぐ落ちてきそうでした。



美しいブナ林の中の一本
ひょろひょろのブナの木(幹は直径7〜8センチ程度)が
樹齢60年以上と聞いて、なんだかショックでした。。

それは、大木の大きな枝葉が光をさえぎり、
日当りが悪く、枝はくねり、光を求め必死で成長した姿が見られました。

「生きる環境」の重要さや「どんな環境でも生き抜く力」についてを考えさせられました。
私は生まれてまだ、たった35年。ぜんぜんまだまだで、
今迷ったり、悩んだり、あきらめたくなる気持ちも、
どれも、しょうもないな…と、反省したり、勇気をもらったり。。

今回のトレッキングは、
たくさんの印刷物をデザインさせていただき、
日頃からお世話になっている「ふじさと元気塾」の藤原様に
ガイドをしていただいたおかげで、私一人では通り過ぎてしまいそうな
自然が持つ様々な表情を、くまなく堪能することができました。
ありがとうございました!

たくさんの事を感じられる、とても充実した時間でした。
地元の方はもちろん、県外の方も、機会があれば是非訪ねてみてください。

それでは、ひどい暑い日も、梅雨のじめじめの日も、
みなさま何卒ご自愛くださいませ。

薔薇と人生





一ヶ月とちょっと、広島に帰省しておりました。
大館に来てから、こんなに長く里帰りする事がなかったのですが、
いつも短い滞在で、やり残して、気持ちも残し戻っていたので、
今回は「飽きるだけ広島にいよう!」と決めて帰りました。

ほとんどの時間は、家族と過ごし、親友たちに会い、
母と久しぶりの二人旅もしました。
今回の滞在はずっと会いたいなと思っていた人にいろいろ会えて、
たわいもない会話を交わすごとに、それぞれの人生を垣間みて、
考える事もあり、感心することもあり、反省することもあり。。。

結局、飽きるということはありませんでしたが、
先日、また大館に戻ってまいりました。

広島に戻る前にはまだストーブとこたつを使っていましたが、
大館もずいぶん初夏らしい季節になりましたね。

写真は今日まで行われている「大館バラ祭り」のものです。
このバラ祭りまでの道中、心地よい日差しを受けながら歩き向かっていると、
ふと目をやる、どの場所にも、いろいろな想い出がしみてるなぁ。。と
短いようで長い3年間の大館生活を振り返りました。
どの風景にも、どの道にも、どの瞬間にも、
その時の自分の一生懸命な姿を見ることができ、
ここに来る前の自分より、少しは人間成長できてたらいいな。と思ったりしました。

そろそろ個展をやった方がいいな。とも思っています。
また、書きます。

わが家の草花2


ウメモドキです。。その名の通り、
葉っぱが梅そっくりで、本当に梅の木だと思っていました。
青空の水色とピンクと黄緑の配色が、とても心地よい風景でした。


ホタルブクロは、ピンクと白いのが咲いています。
クリスマスローズとか、下を向いて咲く花に、もどかしさを感じてしまうのは
私だけでしょうか…。。


ユリズイセンはドクダミとまみれて、咲いています。
草むらみたいな所でも、よく咲いているけど、
少し拝借して、家の中に生けても、存在感もあって、
このたたずまいはステキだなと思ってみています。

他にもいろいろと、、、

品種名とか分からないんですが、、これはバラですよね。。たぶん。
木陰に咲いています。

バラはミニバラがかわいいですね。
大きな豪華なのは、たぶん自分には似合わないな。。と思ってしまいます。

好みは年齢とか、その時の感受性で変化するから、
そのうち、歳を重ねると自分の庭をバラ園の様にしたいと思う時が
来るのかもしれませんが、今はまだ遠い存在です。

植物たちはいつもきれいで、どんな草と言われるものでも、
小さな花をつけていたりすると憧れてしまいますね。
草むしりも大変ですが、もう少ししたら、夏の花を植えていこうと思っています。

おすそわけ


お隣に住む、大家さんから観葉植物のおすそ分けをいただきましたw
ステキなおすそ分けですよね◎
大家さんも庭いじりがとても上手でらっしゃるので、
立ち話もとても楽しく、勉強になります。。。

せっかくいただいたけど、水に生けるだけでいいかな、、と少し過ごしましたが、
やはり、とてもかわいい。。



思い立ち、挿し木にしました。
数日たちましたが、ちゃんと根付いたみたいです。
新芽も出てきました。

この子たちもまた、どこかのお宅におすそ分けできるくらい、
大きくなるといいなぁ。。。

時計草



去年の秋に安売りしていた時計草、冬が越せるか、
葉っぱもすべて落ちてしまい、もうダメかな…と心配したこともありましたが、
なんとか、つもみもたくさんつけて、花も咲かせてくれました。

こういう時。。植物に対して、エモーションが起こります。

私の創作はすべてこの感情から。

たくさん花が咲くといいなぁ〜

わが家の花々

ここの家に引っ越ししてきて、最初の春なので、
元々植えてあった、庭の樹木や草花と、初めて対面する日々です。

テマリカンボク。こぼれ落ちそうに咲いています。

あとツツジは咲いてますが、、あの咲き乱れ方があまり好みのタイプではありません。
対照的にひっそりと可憐に咲くシロヤマブキ。

白い花はいいですね。

テマリカンボクのスノーボールを、少し拝借して、、
ドライフラワーにしてみようと思います。。。
といってもぶら下げているだけですが、、。

それから、しばらく前に日記に書いたウェルカムボードが完成しました!
イメージどおりの出来上がり。
制作日記は、プレゼントした後に書かせて頂こうと思っていますので、
楽しみにしていてください◎


ピンクのひととき


今私が住む町にも、ついにこの季節が来ました。
自転車で走っていると、風でピンクの花びらがヒラヒラと。。。
本当に幸せな季節ですね。

広島やあたたかい地域にお住まいの皆様は、
お花見はちょうど一ヶ月前位だったでしょうか、、、
日本は縦長いですねぇ、しみじみ感じます。
こちらでは今週がお花見のピークで、
たぶん明日あさっての雨でほとんどのソメイヨシノは散ってしまうと思います。

去年はこの時期に広島に帰郷していて、
戻ってきた時にはすっかり散ってしまっていたので、
2年越しの桜で、うれしさもひとしおです。


たんぽぽも桜シャワーあびて、かわいいですね◎


明日は秋田犬の展覧会だそうで、かわいい子が集まってきていました。

なんだか桜がある風景は、どれも幸せに映りますね。
満開の時はもちろんですが、
葉桜の時の鮮やかな緑とピンクの組み合わせも、
地面をおおう花びらのじゅうたんも、花びら散りゆく姿も、
桜はどの瞬間も研ぎすまされた「美」がそなわっていて
今年も魅了させられました。

みなさまもピンクのひとときをお楽しみください◎

| 1/4PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM